「“人”というコンテンツを世界に広げる」

会社目的

科学の発展は自動化と生活環境を改善し良くなる一方で、
IT化が進み今後、数十年以内に今ある職業の多くはなくなると言われております。
その結果、人が生活する上で必要な人間の温かみ、
コミュニケーションが希薄になって来ることで人が人を思う
「本来あるべき人と人の関わり方」が希薄になってくるように思えます。

ウィリードマネジメントでは「人から人へ」の形を継承しつつ、IT技術を使うことで、
効率的に、「人から人へ」の伝達のお手伝いをしたいと思い設立しました。

誰もが先生となる時代

情報が錯綜するなかで、昔、隣人やお寺の住職が先生と呼ばれた時代のように、
「人から人へ」の伝達をIT技術を活用して、
「必要よりより人らしいぬくもりのある環境の構築に貢献したいと思います。